札幌市青年赤十字奉仕団

札幌市青年赤十字奉仕団(札幌青奉)のブログです。ボランティア活動報告や告知、日々の様子などをお伝えしていきます。

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012.11.28 ミーティング

こんにちは。昼休憩を終えた久保です。
先日の定例会議の報告でも。


写真 2012-11-27 20 44 26

写真 2012-11-27 20 44 31

今週は主にクリスマス会への確認と忘年会の日程調整となりました。
忘年会...もうそんな時期なんですねえ。
当初は回らないお寿司屋さんに行こうかと考えていましたが、全体での日程を考慮して今回は流れてしまいました。
1年生からの提案では「鍋物」が食べたいとの事。

札幌って鍋物屋あったっけ...って考え込む程、北海道人は殆どのお店を「居酒屋」としか見ておりません、ええ。



1年生も中間試験が丁度終わったようで何より。
自分も丁度その日に月1のペースで行われる経済史の試験が終わったところ。
伊藤さんはこれから一週間デスマーチとの事...

そんなこんなで今週もここいらにて。
スポンサーサイト

| 青年赤十字の日常 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012.11.20 ミーティング

20121120.jpg

こんばんは、久保です。
本日も例会があったのでその報告をば。



本日は先週土日に行われた国際JRC「旭川~富良野な旅路」の報告会兼反省会と子供たちとのクリスマス会の準備をしていました。

何やらクリスマス会は大きな感じになってきた様子で。
クリスマス会は青奉のメンバーで子供たちと一緒に遊ぶ、という事をしているのです。
今回は今まで行っていた1校に加え、なんと新規にもう1校追加する事となりました!


新規に行く児童施設は今までの規模よりも数倍大きくなっていると予想されてるそうな...
そこで、札幌青年赤十字奉仕団は当日ボランティアを募集します。

興味のあるお方はこのブログにコメントして頂くか、メールフォームに連絡頂けると助かります。



それでは今日はこんな所で。

| 青年赤十字の日常 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際JRC交流事業in旭川・富良野

インド赤十字社のJRC(青少年赤十字)メンバーが来道し、旭川・富良野の行程を青年赤十字奉仕団が通訳として同行しました。美瑛・望岳台では雪景色におおはしゃぎ。楽しい2日間でした。

旅の様子はyoutubeでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=QtkI8KSC3k0&f


・・・・北海道の伝統芸能として雪面ダイブを披露する32歳児や、あきらかに雪山での服装を間違えてる21歳児や、「ななつぼし(北海道のおいしいお米)」を「セブンスター」と教えるアラフォーが映ってますが・・・・・

ええ、気のせいです気のせい


Have a nice trip!しかまともに話せない一関@釧路青奉でした。

| 活動報告 | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろクリスマスの季節...?

写真 2012-11-13 20 29 38

こんばんは、久保です。
本日も定例会がありましたのでその報告を。



11月も半ばに入り、札幌では日曜日にいよいよ雪が降る季節となって参りました。
そうですね、みんな大好きクリスマスの季節ですね。
え、大好きじゃない?そんな事俺だって実感しとるわこの野郎


さてさて、札幌青奉ではクリスマスの時期になるといつも養護学校に行き、子供たちとクリスマス会を行っているのです。
今回はその担当者決めを行っていました。



写真 2012-11-13 20 29 31

全体統括は伊藤さん。いつもお疲れ様です。
連絡係は1年生の芝池くん、物品担当は室谷くんに決まりました。


写真 2012-11-13 20 29 48

芝池くんは担当者への連絡に緊張気味。
取り敢えず久保がサポートとして付いて、明日連絡する事になりました。



そしてもう1つ、実は週末にとある遠征があるのですがそれはまた今度の機会に。
というか、その時生きている気がしない...

| 青年赤十字の日常 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイスタンダーって?

さて、前回の記事でも重大発表がありましたが

「救急戦士バイスタンダー」

とても「むしゃくしゃして言ってみただけ。今は反省している。」なんて言えるはずもなく、
ただいまクランクインに向けて目下脚本を執筆中です。


とりあえず今回の話の主人公となる「バイスタンダー」。
前回記事にも書かれていましたが、ようは傷病者に応急手当てをしてくれる「そばにいる人」なわけでして。
ほとんどの場合は自分の家族であったり、友達であったりと、
「親しい人達」が「バイスタンダー」として、
救急車到着までの一次救命処置、応急手当を担ってくれているんです。



ではなぜ、「バイスタンダー」が一次救命処置をしなければならないのか。
一例として、心室細動(致命的不整脈・目撃される心停止で最も多い症状)が起こってしまった場合で説明しましょう。

この心室細動、回復させるための唯一の手段は「除細動」、つまりはAEDによる電気ショックを行う必要があります。
除細動の実施が1分遅れるごとに、退院社会復帰率は7~10%ずつ低下します。
さらには心室細動により脳への血流が途絶え酸素欠乏状態が4分以上続くと、脳には不可逆的なダメージが発生してしまう可能性が非常に高くなります。


対して、119番通報から救急車到着までの時間は、全国平均で約8分。


・・・・・過ぎてしまった時間は、いくら優秀な救急隊でも、医師・看護師にも、取り戻すことはできません。
1分でも早く心肺蘇生・AEDによる除細動が行われるか、これが救命のカギを握るといっても過言ではありません。
だからこそ、「バイスタンダー」が勇気を持って一次救命処置を行ってほしいのです。

講習会で、「バイスタンダー」である受講生の皆さんにこんなお話をしています。
「皆さんは「命のリレー」の第一走者です。皆さんが走り出さなければ、バトンは次の走者につながりません。ぜひとも勇気を持って、傷病者に手を差し伸べてください。」と。




今回の物語は、そんな「バイスタンダー」を主人公とした愛と勇気あふれる特撮ドラマです・・・・・特撮・・・・・特撮っぽいものです・・・・・・

言うなれば「バイスタンダー」が主人公=みんなが主人公

公開日未定!

「救急戦士バイスタンダー」
こうご期待!!!


諸悪の根源・一関@救急法指導員でした。

| 青年赤十字の日常 | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

救命戦士バイスタンダー

どうも久保です。
昨日もいつも通り定例会があったのですが、そこで一関さんが前々から企てていた事が遂に本格化しちゃいました。

その名も「救命戦士バイスタンダー」
なんだかとってもパトレ●バー的なノリですね。

※バイスタンダーって?
バイスタンダー (bystander) とは救急現場に居合わせた人(発見者、同伴者等)のことを指す。 総務省消防庁が2010年12月に発表した『平成22年版 救急・救助の現況』によると、119通報から救急車の到着まで平均7.9分かかっているが、その間に発見者など現場に居合わせた人、つまりバイスタンダーによる心肺蘇生法等の応急手当の有無が救命率を大きく左右する。Wikipediaより)



まあ、なんだ。

青年奉仕団で連続ドラマ、作っちゃおうぜ、との事。

生来の編集大好き人間に高価なデジカメ+高性能PCを付属した結果...?
一関さん自体、パト●イバー風のいかにも昭和チックな感じにしようぜ!だとか。
ちなみに伊藤さんは呆れていました。


作る方向で動いています。撮影します。脚本も作っちゃいます。
全6話予定だけどサイドストーリー次第では(ry

ちなみにどこに載せるの?っていうと青年奉仕団のHPに掲載予定です。
HP、作成中。まて、次回。

| 活動告知 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青奉、高校生の赤十字研修会に参加する。後編

DSC05037.jpg

という訳で後編です。
前回は謎の青奉団員Xが現れましたが、その間に昼食もとい炊き出しの準備を進めます。
大釜を用意して、水を張り沸騰させます。

DSC05040.jpg

今回は水の沸騰にガスを使用しましたが、災害時においては焚き木などでも代用可能となります。



炊き出しの準備をしている最中...

DSC05041.jpg

何やら見た事のある服装ですね。誰なんでしょうね(棒)




DSC05054.jpg

そんなこんなで炊き出しについてのプレゼンの時間となり、新入生がしっかりとプレゼンをしてくれています。
ちなみにプレゼンで使用している画像、危ないのでモザイクを掛けてくれたそうです。ハイクオリティ。
そんな中、

「被災地で暖かいご飯を炊き出すにはどうしたらいいんだろう」
「どうしたらいいんだろう。助けて、ドラエモーン!」

DSC05064.jpg

「ハイゼックス〜」

謎の青奉団員Xとは、ドラえもんの事だったのです!
なんとこの日の為にドンキホーテで衣装を買ってきてくれたとの事。ハイクオリティ

まさかここまで仕込んでくるとは思いませんでしたよ。
ちなみにドラえもんな彼はハイゼックスの利点やあまり美味しくない所等色々と語ってくれました。

DSC05067.jpg

色々語り過ぎて蹴りを入れられるドラえもんの図。
高校生にも大人の方にもかなり好評を頂けたようでして。よかったよかった。

DSC05073.jpg

終わった後は皆で炊き出し準備です。



DSC05090.jpg

ええ、懲りてませんよ?
ちなみに右は食べるラー油をミックスしました。これはかなり美味しかったです。美味美味。
左は相変わらず企業秘密です。
※スタッフが美味しく完食しました。





DSC05095.jpg

その後はみんなで包帯法の講習会。
高校生と一緒に行う事で自分たちも初心に帰れますね。

DSC05100.jpg

かなり楽しんでいる高校生の図。

DSC05101.jpg

※顔の包帯法の実演の図。決して捕虜の扱いの図ではありません。



最初の方はどたばたしている場面もありましたが、全体的にスムーズに進んでいたのではないでしょうか。
この辺にてまさかの前後編を終わらせたいと思います。

それではでは〜。

| 活動報告 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。